台東区浅草橋4-1-2 ミツボシビル3F

お気軽にお問い合わせください

TEL:03-3863-8733

WEB診療予約

耳の病気

耳について

イメージ耳は、外耳道、中耳、および内耳の3つの部分で構成されています。
外耳道とは、いわゆる耳(耳介)と耳の穴のことで、音(空気振動)を中耳に伝えます。
中耳は、鼓膜とその奥にある小空間から成り、この空間には鼓膜の振動を増幅して内耳に伝える耳小骨(ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨)が収まっています。
内耳は耳の一番奥(内側)にあたる部分で、聴覚を担当する蝸牛、および平衡感覚を担っている前庭・三半規管から成ります。
耳は「音を聞く」という機能を司っているほか、体の「平衡感覚」を制御する半規管と連結している大切な感覚器官なのです。

こんな耳の症状はご相談ください

  • 耳が痛い
  • 耳が痒い
  • 耳だれが出る
  • 耳垢が溜まっている
  • 耳がつまった感じがする
  • 耳鳴りがする
  • 聞こえが悪い
  • めまいがする など

代表的な耳の病気

以下に、耳鼻咽喉科で扱う代表的な耳の病気について、簡略に説明していきましょう。

中耳炎

中耳炎とは中耳に炎症が起こった病態で、主に急性中耳炎、滲出性中耳炎、慢性中耳炎、および真珠腫性中耳炎の4種類があります。

急性中耳炎

最もよく見られる中耳炎で、耳管の未発達な乳幼児に多いのですが、成人にもみられます。中耳(鼓膜の奥にある小空間)に、主に細菌やウイルスなどの病原微生物が入り込み、急性の炎症が起こって膿が溜まります。

症状
ズキズキする激しい耳の痛み、発熱、耳だれ(耳漏)、耳がつまった感じ、などの症状がみられます。乳児などでは、言葉で痛みを伝えられないので、訳も無く泣いたり、機嫌が悪くなってぐずったり、しきりと耳に手をやったりします。

検査
耳鏡を使って鼓膜を見て、鼓膜が赤かったり、腫れていたりするなどの症状を確認します。また、鼓膜が膨れている様子が観察できることもあります。難治例では、細菌・真菌検査が行われたりもします。

治療
軽症の場合は抗生物質や消炎剤などの内服や、炎症を和らげる薬液を点耳することで治療します。膿が溜まって鼓膜の腫れがひどく、痛みが強かったり、熱が高かったりするようなら鼓膜を少しだけ切開し、溜まっている膿や滲出液を排出します(鼓膜は再生力が強いので、炎症が鎮まれば数日で閉鎖します)。

滲出性中耳炎

鼓膜の奥の中耳腔(鼓膜の内側にある空間部位)に、滲出液(炎症のために周囲の組織からしみ出た液体)が貯留する疾患です。

症状
痛みや熱を伴わずに難聴が唯一の症状であるケースも少なくなく、難聴の程度も軽度の場合が多いので、この疾患に気づくのは遅くなりがちです。難聴は、中耳腔内の貯留液によって音の伝播が阻まれてしまうために生じます。

検査
鼓膜を観察すれば、ほぼ診断がつきます。しかし、治療方針を決めるためには、聴力検査、ティンパノメトリー(鼓膜の動きやすさを調べる検査)、耳管機能検査、X線検査、内視鏡検査などが必要になります。

治療
鼻や喉をきれいにするとともに、内服薬を服用したり、鼻から耳に空気を送る耳管通気(じかんつうき)という処置をしたり、鼓膜を切開して中に貯留した滲出液を排出したりします。症状を繰り返すようなら、滲出液が溜まらないように、鼓膜にチューブ(管)を入れる処置を取ることもあります。滲出性中耳炎の治療は長期間にわたりやすく、また再発も多い疾患ですが、根気よく治療を続けましょう。

慢性中耳炎

慢性(化膿性)中耳炎とは、急性中耳炎などが治り切らずに、鼓膜に穴が開いたままになっている状態です。鼓膜はもともと再生力の強い組織ですから、開いた穴の多くは自然に閉じますが、炎症が長く続いたような場合には、閉鎖しないことがあるのです。

症状
耳の痛みや発熱はほとんど無いのですが、鼓膜に穴が開いていますから、音が伝わりにくくなり、聴力が低下します。時には内耳にまで影響が及んで難治性の難聴をきたすケースもあります。また、鼓膜の穴から細菌などが侵入すると炎症を起こし、膿が出て、耳だれ(耳漏)となります。

検査
診断にあたっては、鼓膜の観察や聴力検査、耳だれの細菌検査などを行います。

治療
基本的には、急性中耳炎と同様です。薬を服用し、耳の処置をすることなどによって耳だれは止まります。しかし、完全に治して再発を防止するためには、鼓膜の穴を塞ぐ処置が必要になります。
耳の聞こえの悪い方や耳だれを繰り返す方は、慢性中耳炎の可能性がありますので、放置せずに一度ご相談ください。

真珠腫性中耳炎

鼓膜の一部が窪んで、その窪みに耳垢が入り込んで増殖してかたまり(真珠腫)になります。さらに、そのかたまりに感染が生じると特殊な酵素が産生されて、周囲の骨を溶かしながら病状が進んでいきます。

症状
三半規管を壊してめまいを招いたり、顔面神経麻痺を起こしたり、悪くすると内耳炎や髄膜炎(脳および脊髄を覆う保護膜に炎症が生じた状態)になってしまうこともあります。

検査
鼓膜の窪みや耳漏などにより、比較的容易に診断がつきます。進行度合いを調べるには、聴力検査や画像検査による所見が必要になります。

治療
真珠腫性中耳炎を治すためには、ほとんどの場合に手術を要します。

外耳炎

外耳炎とは、耳介(外側に出ている耳)と鼓膜までの外耳道を合わせた外耳(いわゆる耳と耳の穴)に炎症が生じている状態です。耳かきなどで外耳道の皮膚を傷つけてしまい、そこから細菌や真菌(カビ)が感染して発症するケースがよくみられます。糖尿病など、免疫力の低下する疾患を持っている人では、外耳炎を繰り返すことがあります。

症状
耳の痛みと痒み、灼熱感(耳がヒリヒリと熱く感じる)などが挙げられます。
症状が進行すると臭いを伴う黄色、または白色の耳だれが出るようになります。
外耳道が炎症によって腫れ上がる「びまん性外耳炎」が起こると聴力の低下を招くため、中耳炎と紛らわしいケースもあります。
また、耳におできができる「限局性外耳炎」では、おできが破れて出血することもあります。

検査
特別な検査をしなくても、症状から診断がつきます。原因となる病原微生物が細菌なのか、真菌(カビ)なのかで治療法が変わってきますので、耳だれの細菌培養検査を行うこともあります。

治療
軽度であれば2〜3日で自然に治りますが、治療が必要な場合は脱脂綿や吸引機などを使って耳掃除を行ってから、局所への点耳薬投与、軟膏塗布などを行います。びまん性外耳炎では耳を清潔にした上で、抗生物質の塗布と投与を1週間ほど行います。限局性外耳炎では、おできを切開して膿を排出し、抗生物質を塗布します。痛みが強いようなら、鎮痛剤を併用します。

耳垢

耳垢とは、空気中の埃、皮膚の残骸、および外耳道にある耳垢腺や皮脂腺という器官から出る分泌液などが混ざり合って出来たものです。
耳垢が外耳道いっぱいに溜まった状態を「耳垢栓塞(じこうせんそく)」と言います。
耳垢には乾性と湿性の2種類があり、これは遺伝的に決まっています。
乾性ならば自然に排出されるのですが、湿性ですと外耳道に付着したまま固まりやすく、耳垢を取ろうとして逆に奥へと押し込んでしまったり、入浴時などに耳垢が膨張して閉塞し、突然耳垢栓塞の症状が現れたりします。

症状
耳の閉塞感や圧迫感を招き、時には難聴をきたすこともあります。

検査
耳垢を除去しても聞こえが悪いような場合は、聴力検査を行うことがあります。

治療
耳の中を顕微鏡で見ながら、丁寧に耳垢を取り除きます。耳垢が硬くなっていて取りづらいような場合は、薬で柔らかくしてから除去します。痛みが強かったり、頑固でなかなか取れなかったりする時は、数回に分けて除去することもあります。

難聴

難聴とは聴覚が低下した状態のことで、伝音難聴、感音難聴、および突発性難聴などがあります。※伝音難聴と感音難聴の両方を併せ持つケースは、混合性難聴と呼ばれます。

伝音難聴
外耳または中耳の異常により生じた難聴のことです。
「大きい音でないと聞こえづらくなる」のが特徴です。
中耳炎などが原因で起こるケースと、耳小骨(中耳にあり、外部から鼓膜に伝わった振動(音)を内耳に伝える働きをしている骨)の奇形など先天的な原因で起こるケースがあります。
治療をすれば、治る可能性の高いタイプです。
症状としては、耳がつまった感じがする、大きな音は聞こえるものの通常の音が聞こえにくい、などの症状が現れます。手術や薬物療法が主な治療法です。
また、補聴器を使用すると、よく聞こえるようになります。

感音難聴
内耳、または聴神経の異常によって生じる難聴です。
感音難聴の原因はいろいろですが、大きく分けると、先天的な原因と後天的な原因があります。
先天的な原因による難聴(先天性難聴)は、出生した時に難聴が生じています。
主な原因は、遺伝性、または胎児期における発達異常です。
一方、出生後に発症する難聴(後天性難聴)には、加齢、外傷、強大な騒音、髄膜炎、聴神経にできた腫瘍など、様々な原因が知られています。
症状としては、単によく聞こえないというだけでなく、音の内容を把握できなくなり、「言葉が聞き取れない」ようになったりします。
難聴の程度により治療法は変わってきますが、補聴器の使用、人工内耳の装用などの方法があります。

突発性難聴
ある時、突然に耳が聞こえなくなる疾患です(通常は片側)。
突発性難聴の原因としては、ウイルス感染や血流不良など諸説が唱えられていますが、まだはっきりとはわかっておらず、急激に発症する感音難聴のうち、原因不明のものを突発性難聴と呼んでいます。
治療は早ければ早いほど、聴力が回復する可能性が高くなるので、とにかく早期に(発症後2週間以内)治療を開始することが大切です。
突発性難聴については、いろいろな治療法が検討されていますが、どの治療法が最も有効なのかは明らかにされていません。
したがって現時点では、発症時の状況や臨床所見、既往歴などを総合的に判断し、治療法を決定していきます。

めまい

イメージ人間は自分の周囲の空間や位置を眼、内耳(半規管・耳石)および手足の関節などで感知しています。
その情報は脳に伝えられ、統合されて、体のバランス(平衡覚)を微妙にコントロールしています。
これらいずれかの機能の具合が悪くなると、めまいや平衡障害を生じるわけです。
めまいを起こす病気には、下記のように、様々なものが知られています。

良性発作性頭位めまい症
耳鼻科を「めまい」で受診なさる患者様で一番多くみられる疾患です。
これは、特定の頭の位置の変化(例えば寝返りを打った時、頭を洗うために下を向いた時、ベッドから起き上がった時な
ど)により出現するめまいです。
ぐるぐる目が回る感覚が強いため、恐怖感や不安感、吐き気を伴ったりしますが、聴覚トラブルはありません。 耳を原因とするめまいのなかで最も発症数が多いものの、比較的治りやすい疾患です。
内耳にある耳石器(じせきき:頭や体の傾き具合を感知する器官)の耳石(炭酸カルシウムの結晶から成る組織)が剥がれ、三半規管の中に入り込んでしまうことで発症すると考えられています。

メニエール病
メニエール病は、めまいを起こす病気の代表ですが、下記のような特徴的な症状を呈します。
めまいの発作時に片側の耳鳴り、耳閉感、難聴が一緒に起こり、めまいが消える頃には、それらの症状も軽快・消失します。
厄介なことに、この病気は発作を繰り返し、やがて耳鳴りや高度の難聴が残ることがあります。
発作の無い時は、無症状となります。
原因は、内リンパ水腫といって、内耳の内リンパ液圧の上昇と考えられています。
稀ながら、両側にメニエール病が発症することもあります。

突発性難聴
メニエール病によく似ていますが、発作はただの1回であることや、めまいが治まっても耳鳴りや難聴が残ってしまう点が異なります。
原因は「聞こえ」を司る神経のウイルス感染とか、内耳の血管の血栓(血のかたまり)などが考えられています。
メニエール病と同様、両方の耳に発症することは稀です。早く治療を開始すれば聴力が回復する可能性が高いので、とにかく早期の治療が大切です。

慢性中耳炎
慢性中耳炎とか、真珠腫性中耳炎が内耳にまで及ぶと、内耳炎を併発し、めまいを引き起こします

聴神経腫瘍
片側の耳鳴り、難聴が徐々に悪化し、ふらつき、頭痛、顔が曲がるなどして(顔面神経麻痺)、初めて診断されるケースが少なからず見受けられます。
精密な聴力検査やめまい検査、耳のX線検査やCT、MRIを行うことによって早期の診断がつきます。

脳循環障害(椎骨脳底動脈循環不全症)
脳の血流が不足して、めまいに関係する小脳、脳幹の機能が悪くなって起こります。

めまいのほかに、舌がもつれる、物が二重に見える、手足がしびれるなどの症状が起こることもあります。 激しい頭痛や意識不明などがあると、脳出血が疑われます。

※上表のほかに、脳腫瘍、頭部外傷、薬物による内耳障害、起立性調節障害、過呼吸症候群、心因などが原因となって起こるめまいも知られています