台東区浅草橋4-1-2 ミツボシビル3F

お気軽にお問い合わせください

TEL:03-3863-8733

WEB診療予約

花粉症治療

花粉症とは

イメージ花粉症とは、スギやヒノキなど植物の花粉が原因(アレルゲン)となって、「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」などのアレルギー症状を引き起こす疾患です。
花粉症の症状は、立て続けに何回も出るくしゃみ、透明でサラサラした鼻水、両側の鼻づまり、目の痒みなどが代表的です。
微熱は出ても、高熱にはならないのが特徴です。

花粉症の初期療法

本来、病気の治療は症状が出てから行うのが鉄則です。
しかし、花粉症では、症状が出る前からの治療が認められています。
花粉が飛び始める2週間くらい前から、薬による花粉症の「初期療法」を始めておくと、症状の発症を遅らせ、花粉シーズン中の症状を和らげる効果が期待できます。

花粉症の治療

花粉症治療のベースとなるのは「抗ヒスタミン薬」の内服薬で、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどを軽くする効果があります。指示通りにきちんと飲み続けることが大切です。
症状が軽くなったとしても、自己判断で飲むのを中止しないようにしましょう。また、鼻づまり症状が強い人には、内服薬に加えて局所ステロイドの点鼻薬を併用します。
ステロイドとは言っても、内服薬と違ってごく少量なため、副作用の心配はありません。
目の痒み・異物感などの症状には、抗アレルギー点眼薬やステロイド点眼薬を用います。
とにかく症状が出たら早めに受診し、症状に合った治療を始めることが大切です。


抗ヒスタミン薬

病院で処方されることもありますが、薬局・薬店で購入できる花粉症薬剤や総合鼻炎薬の主成分となっています。抗アレルギー薬がアレルギー反応を抑制する薬剤であるのに対し、アレルギー反応によって体内におきるヒスタミン作用を抑える、言い換えると症状を抑制する薬剤です。即効性はありますが、こうした鼻炎薬には、効果を増強するため交感神経興奮剤や抗コリン剤といった薬が配合されており、眠気やだるさなどの副作用が出やすいため、特に乗り物の運転や機械操作などをされる方は要注意です。


ステロイド薬

花粉症の治療としては、一般的に点鼻ステロイド薬が使用されます。ステロイドはさまざまな病気に有効ですが、使用法によっては副作用が現れることがあり、慢性的、長期的に使用するのは避けるべきです。 夜間の鼻づまりで特に苦しい場合に使用するなど、非常に有用なケースもあります。

以上の薬剤は、いずれもいい面もあれば、悪い面もあります。まず、自分のタイプや重症度によって使い分けが必要です。また、お子さんや妊婦、授乳中の方は、より慎重な薬剤の選択が必要であり、担当医師との十分な相談と自分の病態の理解が必要です。

当院では、アレルギーの原因を調べ、原因により対処することが大切と考えております。
アレルギー検査は、採血で行います。採血のお嫌いなお子さんには、指先に小さな針を刺して行う検査をしております。結果は20分ほどででます。
ご興味のある方は、遠慮なくお問い合わせください。